お客様邸の設計プランを解説!〜部屋と部屋の間の仕切りにもこだわりあり〜ジップスタイルズ株式会社

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

ジップスタイルズ株式会社
〒510-0303 三重県津市河芸町東千里1010番地1

NEWS&BLOGニュース&ブログ

2021/06/15

お客様邸の設計プランを解説!〜部屋と部屋の間の仕切りにもこだわりあり〜

お客様邸の設計プランを解説!〜部屋と部屋の間の仕切りにもこだわりあり〜

こんにちは、ジップスタイルズです。
せっかくマイホームを建てるなら、世界に一つだけのデザインや設計で遊びゴコロある住まいにしたいとおもっている皆様!
ジップスタイルズでは建築士がお客様のライフスタイルを伺いながら、実用性もありながらおしゃれで楽しい住まいのデザインをご提案しています。

ということで…今日はお客様邸を例に、建築士ならではの工夫とアイデアを盛り込んだ住まいをご紹介いたしましょう。

▶︎ダイニングとワークコーナーの黒い間仕切り…その意図は?

今日、設計プランを解説するのはこちらのお家。シンプルな白いクロス&天井のお部屋ですが、ダイニングとリビングの天井や、リビングと階段コーナーの間に黒いフレームの間仕切りを取り付けています。

空間をキリリと引き締めるブラックカラーでお部屋のアクセントになっている間仕切りですが、実はこの間仕切りにもある“意図”が隠されています。

まずリビングとダイニングの間の天井に取り付けたフレーム。
これはダイニングで焼肉などをしても、リビング側に匂いのある空気が回らないように、という意図があります。
ダイニングで匂いのある空気が天井に上がっても、天井を伝ってリビング側へと空気が流れないように遮るものがあるだけで、違いは歴然。

共働きで、ご主人がスポーツマンなのでお肉が好きなお客様のライフスタイルを伺い、ご提案した形です。

▶︎ダイニング天井の仕切りに合わせてワークコーナーもひと工夫

また、自宅で仕事をすることも多いということで、家族と物理的な距離を取ることなく、作業できる場所としてリビング横にワークスペースを作っています。
そんなワークスペースも、生まれたばかりの可愛いお子様の様子を見守れるよう、ガラスを入れて視界を遮らない工夫を。
音も程よく遮られ、仕事にも集中できる環境が整っています。

フレームは、ダイニング天井の仕切りとデザインを合わせて黒いフレームにしました。

風の流れを作るために、仕切りの一部は小窓を開けられる仕様になっているのもこだわりの一つです。

イメージは、60~70年代アメリカのドラマに出てくるようなオフィス空間♪
薄〜いアメリカンコーヒーを大きなマグカップでガブガブ飲みたくなってしまいますね。

暮らしやすさにもしっかり配慮しつつ…やっぱり遊びゴコロを忘れない!そんな住まいをお客様に届けるために。
ジップスタイルズでは建築士がしっかりと、細部にまでこだわった設計をしています♪
ぜひ、ジップスタイルズならではの楽しい家づくり、一緒に始めてみませんか?

★今回ご紹介したお客様邸はこちら
https://www.zip-com.jp/case_newly/slug-9dbc1fd164b091a986f6649e63f703de


\ジップスタイルズの施工事例を紹介中/
https://www.zip-com.jp/case_newly

【営業時間】9:00-18:00 【定休日】日曜、祝日