ジップスタイルズの社員インタビュー♪〜後藤春樹(企画部 設計課・課長)①ジップスタイルズ株式会社

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

ジップスタイルズ株式会社
〒510-0303 三重県津市河芸町東千里1010番地1

NEWS&BLOGニュース&ブログ

2021/06/17

ジップスタイルズの社員インタビュー♪〜後藤春樹(企画部 設計課・課長)①

ジップスタイルズの社員インタビュー♪〜後藤春樹(企画部 設計課・課長)①

こんにちは!鈴鹿市、津市、四日市市を中心に建築士とつくる丈夫でかっこいい家づくりをご提案しているジップスタイルズです。
私たちが作るのは、どの家も「世界に一つだけ」と胸を張って自慢できる遊びゴコロあふれるマイホーム。
今日は、そんな家づくりの設計を担う建築士、後藤春樹に仕事のこだわりや、建築の世界に足を踏み入れたきっかけなどをインタビューしてみました。

Q.建築の仕事を始めたきっかけは?

――後藤
大学で建築学科に進学したこともあり、自然な流れで設計事務所に就職しました。
最初に就職した設計事務所は、学校など大きな建物を設計していたこともあり、仕事は図面を描いたり、ゼネコンさんと打ち合わせをしたりするのがメイン。
自分が携わって完成した建物を使う方の声が直接聞けるわけではなかったので、「一体どんな人が使っているのか」という実感があまりなかったんです。

そんなこんなもあり、もっとお客様(使う人)とダイレクトに関われる仕事を…とリフォーム会社に転職。
営業として、お客様の要望を聴きながら、プランを提案したり予算調整したり、といった仕事をしていました。

リフォームの仕事はやりがいもありましたし、直接お客様とお話しできるのは本当に楽しくて。
でも…だんだん営業メインではなく、作ることをメインにしたいなと思うようになり、転職を決意!
当時は他の設計事務所に入る予定だったのですが、直前でその事務所がなんと倒産してしまって。「どうしよう」と思っていたときに、たまたま電話をくれたのがジップスタイルズの橋本社長だったんです。

Q.えー!そんな経緯があったとは。ジップスタイルズに入って良かったと思う?

―後藤
それはもちろん!
ジップスタイルズの仕事は、常に目の前にいるお客様の家作りを考え、ゼロから形にしていく仕事。
喜んでいただくのがダイレクトに伝わるのは、大きなやりがいにつながっています。

一緒に働く仲間にも恵まれていると思います。現場で「工期がギリギリだ!」なんてときは、会社総出で職人さんと一緒に作業をすることも。
和気あいあいと、一緒に一つのものを作っていくというのは達成感があります。


Q.ゼロから形にしていくって、大変じゃないですか? 

―後藤
もちろん、簡単ではないですよね(笑)でも、だからこその楽しさがあると感じています。
マイホームを建てたいと相談くださるお客様には、たくさんの夢や希望があります。

実際に家づくりをする際には、「こんな空間にしたい」「こんなデザインがいい」という1つ1つの希望を全て聞きながら、まずは優先順位を決めていく作業から始めるんです。
希望と予算や土地などの条件を整理して、お客様の要望を優先順位の高いものから叶えられるプランを考える。
家づくりって、この作業が肝。
だから、お客様に最初に提案するプランを作る際には全てをかける、といってもいいくらいエネルギーを注いでいます。

----

次回は、後藤にジップスタイルズの魅力や住宅設計の仕事の面白さなどをインタビュー!
ぜひ次回もチェックしてみてくださいね♪


\もっとジップスタイルズの様子を知りたいなら!/
スタッフ紹介ページをチェック>
https://www.zip-com.jp/staff

【営業時間】9:00-18:00 【定休日】日曜、祝日